【2022年版|On(オン)走りやすい靴】コスパ重視ランニングシューズ10選 | 陸上トレーニングスクール    

【2022年版|On(オン)走りやすい靴】コスパ重視ランニングシューズ10選

最近、新興勢力のシューズメーカーとして頭角を現してきたOn(オン)は、これからのランニングシーンをけん引すること間違いなしです。

シンプルなフォルムですがクッション性と反発性に優れており、新しいランニングシューズの価値を追求しているメーカーの一つです。

ソールの部分が空洞の凸凹で形成されており、地面からの衝撃を吸収してくれます。

どれだけ走ってもフォームが安定して、走り込むほどオンの魅力が理解できることでしょう。

一風変わったオン独自のデザイン性と凸凹のクッションで、ランニングを純粋に楽しむランナーのためにこだわりのランニングシューズを作り続けるオンの特徴と種類を紹介していきます!!

On(オン)編】陸上競技専門のランニングシューズとは

オンはスイスで生まれたシューズブランドです。

特徴としてはソフトな接地感覚と爆発的な蹴り出し感覚です。オンではこれを「雲の上の走り」と呼んでいるそうです。

実力がない初心者でもオンのランニングシューズテクノロジーを使って、タイム短縮を狙えるでしょう。

つまり、ランナーに特化したシューズ開発をしているメーカーということです。そのため、ウォーキングシューズやスニーカーなどと比べて、靴に接地した時、衝撃を吸収させる部分(ソール)の厚みが、非常に厚いのが最大の特徴です。

それは歩いているときと走っている時では接地するポイントが違うからです。

ランニングシューズは、小指の横(前足部)で接地するので、その部分に衝撃の吸収性能をもたせ、靴の外側面のミッドソールという部分が体重(圧)に負けないよう固く補強されています。

特殊な素材と凸凹した空洞のある形状で、固くすることで衝撃を吸収して長時間走っても疲れにくい構造になっています。

これがオンのランニングシューズの最大の特徴です。オンはクッションが凸凹の空洞である分、接地のタイミングを合わせるのが難しいですが、身体にかかる負荷が小さくなるので怪我はしにくいです。

地面からの衝撃を緩和してくれる特殊なクッション素材が採用されているからです。

【初心者向け】自分に合う陸上競技専用On(オン)のランニングシューズの選び方と購入前の注意ポイント

オンのランニングシューズは日本国内でも数えきれないほど多くあります。

現在は50か国以上700万人以上のランナーにオンのランニングシューズが使われています。

ランニング初心者にとって、トレーニングや試合のためにシューズを選ぶことは難しいと思います。

サイズ感やフィット感、重さや耐久性、クッション性、、、そして自分に本当に合っているシューズなのか分からないですよね。

もし、自分に合っていないランニングシューズを使用し続けると指が擦れて靴擦れをしたり、疲労が蓄積して怪我をしたりします。

だからこそ、自分に合ったランニングシューズを選ぶ必要があります。

現代では、ランニングシューズをオンラインで購入することが一般的です。つまり、購入する前にしっかり製品情報を確認する必要があります。

私はランニングシューズや陸上競技用のスパイクを100%オンラインで購入します。

理由は完全な新品を買えるからです。それでは早速、オンのランニングシューズの正しい選び方をみていきましょう!!

1.サイズの選び方

最初にサイズの選び方から解説します。

ランニングシューズは長時間使用するものです。だからランニングシューズを選ぶ上で最も重要なのが、サイズ感なのです。

サイズ感を間違えると靴擦れや疲労骨折を起こしてしまいます。このサイズ感さえ間違えなければ、多くのシューズは履きこなせます。

オンのランニングシューズは一般的に履くランニングシューズやスニーカーに比べて幅がやや細めです。

基準としては少し大きめ(人差し指を横にしたときの半分)のサイズを選ぶのが良いと言われています。

軽量化を目指して、タイトな設計になっているため走行中に靴の中で足が遊ぶ(ブレる)ことは少ないです。

2.ランニングシューズをどのように使うか

オンのランニングシューズは万能で、様々なシーンで活躍してくれます。

ランニングシューズと言っても、ジムで使ったりオフィスで使ったり、家の中で使ったり、スニーカーとしてライフスタイルの一部にしたり、様々な利用方法があります。

だから、ランニングシューズは、自分自身のレベルや目的、用途によって自分に合ったものを選ぶことが大切です。

自分の目標が決まっていれば、選ぶべきランニングシューズも決まってきます。

オンのランニングシューズにはたくさんの種類があるので、どれを選べばいいのか悩んでしまいますね。

ここでは様々なオンに特化したランニングシューズを紹介していきます。

3.機能性は大丈夫か

オンのランニングシューズは、基本的にどれを選んでも問題はありません。

ランニングを楽しむことが目的だったり、自己ベスト更新が目的だったり、目的は人それぞれです。

その人に合った目的に合わせて、自己成長していく事こそがスポーツの醍醐味です。そして、オンを語る上で欠かせないのは、やはり反発性です。

初心者から上級者まで多くのランナーに愛されているメーカーは、ランナーが純粋にランニングを楽しむためのシューズを作っています。

地面からの反発を推進力に変えてリラックスして走り続けられる設計となっています。

オンは常に技術革新を続けており、その技術力の高さは他のスポーツブランドを圧倒して、多くのランナーから熱い支持を得ています。

シーズンごとに新しいランニングシューズを発表しているので、買いそろえるのが楽しみですね。

4.デザイン性

オンはクッション性と地面からの反発力を重視したメーカーです。

長距離走やシティランを速く走るために必要な全ての機能が集約されています。シンプルなデザインでランニングに集中できるフォルムとなっています。

ブランド力やデザインでモチベーションを上げたい選手にオススメです。

スニーカーとしても利用できるほどの、おしゃれなデザイン性はオンの特徴ですね!

5.ランニングするならクラウド

短距離走から長距離走、マラソンまで走るのであれば、クラウドシリーズがオススメです。

オンはソールの厚さが違ったり、靴底の凸凹形状が違ったりするシリーズを展開しているので、自分に合ったモデルを見つけたいですね。

ただ、オンは誰でも扱えるシューズばかりなので、デザインで選ぶのもアリだと思いますよ!

他にも様々なレベルによって使い分けできるランニングシューズがあるので是非、ご覧ください!!

【2022年版|On(オン)走りやすい靴】コスパ重視ランニングシューズ10選

[オン] ランニングシューズ Cloud 5 メンズ

[オン] ランニングシューズ Cloud 5 レディース

[オン] ランニングシューズ クラウドスイフト メンズ

[オン] ランニングシューズ クラウドスイフト レディース

[オン] ランニングシューズ クラウドストラトス メンズ

[オン] ランニングシューズ クラウドフロー

[オン] ランニングシューズ クラウドフライヤー

[オン] ランニングシューズ CLOUD X クラウド

[オン] ランニングシューズ クラウドサーファー

[オン] ランニングシューズ クラウドベンチャー

まとめ「まずは一足!試しに買ってみよう!!」

オンランニングシューズは日本国内に数えきれないほどたくさんあります。

その中から自分にピッタリなシューズを選ぶことは難しいと思います。私自身、何度も違うシューズを試してきました。

そうすると自分にとって譲れない性能や機能、デザインが分かってきます。ランニングシューズ初心者の方で、シューズ選びを迷っている人には、まずは安価な商品でも大丈夫なので履いて試してみることをオススメします。

そこで自分にはどのシューズが良いか自分で考えて、悩んでみましょう。

そうすると、本当に自分に適したランニングシューズに出逢えます。是非、Amazonやオンラインで新品のシューズを購入して、ランニングを楽しんでくださいね!!