【2022年版|息切れしにくい】コスパ重視おしゃれランニング専用マスク10選 | 陸上トレーニングスクール  

【2022年版|息切れしにくい】コスパ重視おしゃれランニング専用マスク10選

スポーツや運動時にマスクを着用することが常識となりました。

だからこそ、息切れしにくいスポーツマスクを着用したいですね。

最近ではスタイリッシュでおしゃれなデザインのスポーツマスクが増えてきました。

そして、健康管理や飛沫防止対策などオールマイティに活躍してくれるマスクを今回はランニングの視点から考えていきます。

いまや、生活に欠かせないアイテムとなっていますが、暑い季節はマスクの着用によって熱中症や熱射病などの危険性が高まるため注意が必要です。

特に運動量の多いスポーツ時は呼吸が激しくなるため、より一層の強い警戒が呼びかけられています。

そこで今回は、呼吸がしやすい通気性に優れたスポーツマスクをご紹介していきます。

運動時でもズレにくいように工夫された製品が多く、快適にスポーツを楽しめます。

ランニング専用のスポーツマスクとは

まずは日常のライフスタイルで利用する布マスクと比較して考えてみましょう。

スポーツマスクと布マスクの大きな違いは、スポーツに特化している機能とマスクを着用するシーンの違いです。

スポーツマスクは、運動パフォーマンスを低下させないようフィット感を重視してズレにくさや呼吸のしやすさを考慮して設計されています。

そのため、飛沫や花粉予防などのフィルターとしての機能性はあまり高くないものが多い傾向があります。

ただ最低限の機能は果たしているのでご安心ください。

また、スポーツマスクの中にはエチケット用マスクとして販売されており、フィルターとしての機能はあまり持たない製品もあるので、なにを目的に選ぶのか意識しながら選びましょう。

一方で、布マスクはスポーツマスクよりも花粉や飛沫カットなどの感染症対策を重視したフィルター機能が、高い製品が多い傾向にあります。

また、日常使いを目的としているため、つけ心地や肌あたりを重視した繊維で作られたマスクが豊富です。

【初心者向け】自分に合ったランニング専用マスクの選び方

スポーツマスクはランニングやジョギングなどの運動や、ジムでのトレーニングにぴったりなマスクとなっています。

夏でも息苦しくならないよう加工が施されたものが多いのが特徴です。

そんなスポーツマスクは選ぶために様々な注目ポイントがあります。

  • 呼吸のしやすさ
  • つけ心地
  • 耐久性
  • 保温性
  • 飛沫カット性能
  • 肺活量アップ

これらの観点から、自分に合ったスポーツマスクを見つけましょう!

①通気性(呼吸のしやすさ)

スポーツマスクは呼吸しにくい製品を選んでしまうと、運動時に息苦しさを感じる場合があるため、スポーツマスクを選ぶ際には注意が必要です。

しかし、スポーツマスクというジャンルで購入すれば、通気性の問題はほとんどありません。

薄手タイプのマスクが多く、選んで失敗するリスクは少ないでしょう。

また、マスクと口・鼻などの間に空間が設けられている製品や、通気性に優れた素材を採用している製品は、呼吸がしやすく、快適にスポーツを楽しめるため便利です。

スポーツに集中したい方は是非チェックしてみてください。

また夏場は接触冷感素材を採用したスポーツマスクもあるので、呼吸のしやすさにプラスして検討してみましょう。

②フィット感(つけ心地)

スポーツマスクは選ぶ際にズレにくいタイプの製品を選ぶ必要があります。

顔にフィットする立体裁断を採用したマスクや特殊な固定ベルト付きモデル、顔全体をガードできるフェイスカバータイプなら、どんなハードな運動時でもズレを気にせず使用可能です。

ズレることを心配してスポーツをしていると、その心配がストレスになってしまいます。

スポーツマスクは着用時の不快感が軽減してよりスポーツに集中できるようにします。

③壊れにくさ(耐久性)

マスクは人々の生活の中心的な存在です。

だから何度も使用を繰り返します。

スポーツマスクの耐久性も、製品を選ぶ際に確認しておきたいポイントの1つに挙げられます。

洗ったときにマスクの機能が低下したり、生地がほつれたりしてしまうと飛沫を抑えられなくなる場合があります。

洗える素材を採用した製品であれば、飛沫カット機能を維持したまま繰り返し着用できるため、他のマスクとは比較的長期間の使用が可能です。

フィルター交換タイプのマスクとは異なり、都度購入する費用がかかるのを避けられるため、出費を控えたい方は耐久性を重視したスポーツマスクをオススメします。

④温かさ(保温性)

ウィンタースポーツを楽しむ人は重視したいポイントですね。

着用部分の温かさを維持できるため、飛沫拡散を抑えるだけでなく防寒具としても活用できます。

顔全体を温めることで表情筋が緩み、リラックスした状態でスポーツを楽しむことができます。

顔や首までを覆うタイプの製品であれば、より広い範囲の防寒対策が可能です。

寒いのが苦手なランナーはチェックしてみてください。

⑤感染症対策(飛沫カット性能)

春は花粉症のシーズンです。必ずマスクが必要になるでしょう。

花粉やチリ、ほこりなど、外気に漂う微粒子汚れのブロックを目的としてスポーツマスクを使用したい場合は、フィルター性能にも注目して選ぶと良いでしょう。

マスクに使用されている繊維の密度が高いモノや複数の層で構成されたモデルなら花粉や異物を通しにくく、粒子状物質の吸い込みを防ぐ効果が期待できます。

ただし、大気中に漂う粒子状物質の大きさはそれぞれ異なるため、完全に予防することは難しいでしょう。

⑥トレーニング用(肺活量アップ)

ランナーによっては一度のトレーニングで、高負荷を掛けるポイント練習をする場合があります。

スポーツマスクのなかには、肺活量のトレーニング向けに開発されたバルブ付きモデルも存在します。

これは心肺機能に負荷を掛けて運動量を上げるためのスポーツマスクです。

空気の出入りをバルブで調節でき、低酸素状態を作り出せるのが特徴となっています。

呼吸筋を鍛えることで、肺活量を高めるトレーニングサポートをするとともに、持久力をアップさせる効果が期待できます。

ランニングで考えると中級者から上級者向けのモデルとなります。

2022年版|息切れしにくい】コスパ重視おしゃれランニング専用マスク10選

AthleX スポーツマスク 【水着メーカーが開発した 立体マスク】

[Amazon限定ブランド] スポーツマスク 2枚組 AIR FUNCTION MASK

UNDER ARMOUR UA スポーツマスク フェザーウエイト

ザムスト(ZAMST) マウスカバー 2枚入りセット スポーツマスク

[デサント] マスク 【amazon.co.jp限定】2枚セット スポーツマスク

スポーツマスク 「肌着メーカーエアイーゼ」会話・息がしやすい 快適でずれにくい洗える立体マスク

[ベルキューナ] スポーツマスク ランニング

GOOD MASK 夏用 スポーツ マスク 冷感 ひんやり 3枚組

[アディダス] フェイスカバー 3枚組 オリジナルス

(テスラ)TESLA フェイスカバー [吸汗速乾・UVカット] 立体構造 洗える ランニング