ついにシーズンイン!初戦は澤田記念春季陸上の100mだ!! | 陸上トレーニングスクール  

ついにシーズンイン!初戦は澤田記念春季陸上の100mだ!!

ついに2022年のシーズンが始まりました。

期待と不安でいっぱいの中、岐阜県で春季陸上競技大会が行われました。

久しぶりに一生懸命に冬季練習を積んできたので、それだけ自分に自信がありましたし、期待もしてました。

追い風参考記録ではありますが、悪くはないタイムです。

100m自己ベスト10.69に迫るタイムでした。

もう自己ベスト出したいマンです。

自分のイメージとしては合格点です。しかし、後半の腕振りに課題があるので、それを修正していきたいです。

岐阜県澤田記念春季陸上に出たよ

まだまだ自己ベストを狙える年齢です。今年で28歳です。

山縣亮太選手も高野進選手も伊藤浩司選手も30歳前後で自己ベストを更新しています。

やはり競技力の成熟には時間が掛かるのですね。私はまだまだ若手です。

今でもいろんな人に学生と間違われます。良い意味で。

年齢なんて関係ない

レースの反省をする前に、試合が終わった瞬間、ご飯を食べてチームメイトと銭湯に行きました。

試合後は必ず銭湯に行きます。

ここで完全回復するからです。

疲労を翌日に残さないために、銭湯で整えてから寝るようにしています。

私が考えるスタートのポイントは後ろ足の踵を素早く前に持ってくることです。

インナーマッスルで膝を引き付けるイメージですね。

これができると出遅れが防げます。

レースの反省点

そして、2歩目3歩目は膝を崩して、屈伸運動を利用して大きな力を地面に加えます。

この時に、母指球で地面を捉えるようにしましょう。

焦らないで、正確に地面に踏み込みます。

スタートでは地面からの反発を推進力に変えることが重要です。

是非このことをイメージして走ってみましょう。

今回のレースの課題は中間疾走で腕振りが大きくなってしまったことです。

これではストライドは伸びても、ピッチが遅れてしまいます。

肘を素早く振るイメージが重要です。

次回のレースでは肘をコンパクトに折りたたんで、小さく速く振ってきます。

これが本当に大切なんです。

怪我は早めに治したい

実はレース後半に慢性的な腰痛が、悪影響しました。

痛みのせいで後半でフォームが保てなかったです。

しっかり治したいと思います。大腰筋や腸腰筋が硬いので、そこをマッサージして治療していきたいと思います!

この大会は決勝は棄権しました。

予選1位通過だったのですが、狙っている大会ではないので大丈夫です。

狙った試合にアジャストさせることが重要なので!

とりあえず、腰痛が治るまではランメニューではなく、ウエイトトレーニングでメニューを組んでいきます。

あとプライオメトリックトレーニングや補強などで、腰回りの筋群を強化します。

まだまだスタートも安定させられるので、課題ポイントですね。

あとスタートのアドバイスもしますよ!

LINE公式アカウントからお願いします。

次回は5/7(土)の西濃普及強化記録会です。

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ