100m選手の脚力アップ練習!ジャンプ系の基礎トレーニング | 陸上トレーニングスクール  

100m選手の脚力アップ練習!ジャンプ系の基礎トレーニング

純粋に「脚力」だけを鍛えたいという選手必見です。いいメニュー仕入れました!

瞬発力やバネを強化するためには、やはりジャンプ系のトレーニングが有効でしょう。

ジャンプは身体の反射機能を使って、動かすことができるので、スタートでの初動を強化することにもつながります。

陸上競技は走るだけでは、タイムを縮めることはできません。

基礎トレーニングを繰り返して、速く走ることができる身体造りからなのです。

今回のトレーニングをすることで脚力が強くなり、ストライドやピッチにも変化が出てくると思いますよ!

このようなことはないでしょうか?

・一歩のパワーを大きくしたい。

・バネを強化したい。

・ジャンプ系のトレーニングが苦手だ。




大きなフォームで走ったり、素早い脚の切り替えで走るには脚力が必要です。

脚は身体の部位でも非常に大きなパーツです。

その大きなパーツを動かすにはやはり、それに比例したパワーが必要になります。

脚を地面に着いた時の衝撃を推進力に変えたり、流れた脚を回収したりという動作の全てに脚力が必要になります。

今回はジャンプ系トレーニングで純粋に脚力のみを鍛える集中トレーニングを解説していきます!

脚力を強化して、ストライドとピッチを向上させるためには??

この課題をテーマに、今回は解説していこうと思います!!

純粋に脚力を強くするトレーニングとは

今回、私が紹介するトレーニングは「バランスホップ」と「片脚スタートホップ」と「両脚ビッグジャンプ」となります。

バランスホップ」では、脚を上げた体勢で母指球を使ってホッピングします。

 

片脚スタートホップ」では、片脚で抱え込むようにホッピングします。

 

両脚ビッグジャンプ」では、なるべく膝を高い位置まで上げてジャンプします。

まずは動画をご覧ください



このトレーニングで課題テーマ解決のための3つのポイントを解説していきます!

軸を真っすぐにする

地面を母指球で捉える感覚を持つと自然と軸が真っすぐになります。

小刻みにホッピングして、衝撃が頭のてっぺんから抜けていくイメージを作ってください。

そうすることによって、骨盤が縦になって、腰の入った走りになります。

走る前にこの動作で、姿勢を作ってからスプリントやランニングに入れるといいですね。

ポイント

視線は前を向いて、母指球からの反発を感じましょう!

ジャンプ時に両脚を揃える

腕を使ってダイナミックに取り組むトレーニングです。

また、高い位置から地面に片脚で接地するので、衝撃に耐えるだけの体幹も強化されます。

空中で脚を揃えることは、走りの中での切り替えをイメージしてください。

常に切り替えは空中で行われており、それが遅れると脚が後ろに流れてしまいます。

基礎トレーニングでも、それが走りにどう活かされるかを考えながら練習しましょう!

ポイント

接地したときに体幹がグラつかないように、足首の関節に力を入れましょう!




膝を高く上げるイメージ

脚力を鍛えるトレーニングなので、脚を大きく瞬発的に動かす必要があります。

膝を高く引き上げることによって、腸腰筋などのインナーマッスルにも刺激が入り、走りの中でも脚を高く上げられるようになります。

脚が上がらないと、どうしても足首が緩んでブレーキ接地(つま先接地)になってしまいます。

しっかり母指球で地面を掴むように走るために、脚力を鍛えていきましょう!

ポイント

膝が胸に付くくらい高く飛び跳ねましょう!

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル




まとめ

今回は「脚力を強化して、ストライドとピッチを向上させるためには??」というテーマで解説してきました!

この記事での課題

・軸を真っすぐにする

・ジャンプ時に両脚を揃える

・膝を高く上げるイメージ

きーちゃん

ジャンプ系のトレーニングは隙間時間でいくらでもできます。練習の効率化の一環として取り入れてください!