手ごたえありのスクワットトレーニング!スタートでの爆発力をアップさせよう! | 陸上トレーニングスクール  

手ごたえありのスクワットトレーニング!スタートでの爆発力をアップさせよう!

今回は多くのスポーツで取り入れられているウエイトトレーニング「スクワット」の紹介です。

スクワットと殿筋やハムストリングスなどの大きな筋肉を鍛えるのに特化したトレーニングです。

大きな筋肉は走るうえでエンジンの役割を担っているので、当然大きなパワーを扱える方が有利です。

ただ筋肉を肥大化させるのではなく、それをどうやって走りに繋げていくかという課題を持って取り組む必要があります。

走るためのウエイトトレーニングをしなければならないのです。

スタート時に必要な動きをスクワットで強化する練習方法を紹介していきます!

このようなことはないでしょうか?

・殿筋やハムストリングスの筋力強化をしたい。

・体重を増やしたい。

・スタートの爆発力がほしい。




スクワットは腰や膝を痛める危険性があるということで賛否両論が存在します。

しかし、正しい姿勢で行うことによって、怪我お引き起こすのではなく、怪我を予防するための筋力強化も行えます。

筋力が不足していることで、腰や膝などの関節痛を引き起こします。

そのような怪我を誘発させないように、ケガ対策としてスクワットを取り入れるという考え方もあります。

もちろん、スタートの爆発力をアップさせるために行いますが、その副産物として、丈夫な身体造りにもなります。

全てのトレーニングに多方面からメリットを見出せると練習が楽しくなりますよね!

今回は正しいスクワットで得られる効果を解説していきます!

ウエイトトレーニングでスタートの爆発力を強化するためには??

この課題をテーマに、今回は解説していこうと思います!

スクワットで走るための筋力を強化するとは

今回、私が紹介するトレーニングは「フルスクワット」と「スクワットジャンプ」と「シャフトスクワット」となります。

フルスクワット」では、腰を後ろに引きながら、お尻を下げ切ります。

 

スクワットジャンプ」では、ジャンプの衝撃を下半身で受け止めます。

 

「シャフトスクワット」では、スタートのイメージを持ったスクワットです。

まずは動画をご覧ください。



このトレーニングで課題テーマ解決のための3つのポイントを紹介していきます!

目線を上に向ける

目線を上に向けることで、自動的に腰が入るようになります。

腰が曲がっしまうと、シャフトの重さに耐えきれなくなって、腰を痛めます。

どこを鍛えているかということを意識しながら取り組みましょう!

フルスクワットでは身体を持ち上げるときに、股関節で上に押し上げるイメージを持ちましょう。

ポイント

腰が曲がると、膝も必要以上に前に出てしまいます。膝を痛める危険性もあるので注意しましょう!

空中では伸びる

ジャンプは垂直に真上にジャンプします。

なるべく高く跳びましょう。そうすることで着地したときの負荷が大きくなります。

着地したときの衝撃を臀部で受け止められるようにしましょう。

スクワットジャンプでも目線を上に向けて、膝が前に出過ぎないようにしましょう!

ポイント

アクションを大きくすることで、少ない重量で大きな効果が得られます!




お尻で押す

スタート時は殿筋でグングン進んでいきます。

その瞬間の出力をイメージしたトレーニングになります。

腰を入れた状態で軽く前傾姿勢を保ちながら、スクワットします。

シャフトを前に押すような姿勢で行うのがコツです。

ポイント

シャフトで前に倒れ込む意識を持ってトレーニングしましょう!

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル




まとめ

今回は「ウエイトトレーニングでスタートの爆発力を強化するためには??」というテーマで解説してきました!

この記事での課題

・目線を上に向ける

・空中で伸びる

・お尻で押す

きーちゃん

ウエイトトレーニングは危険と隣り合わせです。器具に注意しながら細心の注意を払って行いましょう!