ケトルベルバウンディングで陸上ランニングフォームを改善 | 陸上トレーニングスクール  

ケトルベルバウンディングで陸上ランニングフォームを改善

今回はケトルベルを使ったウエイトトレーニングの紹介です。

最近ではケトルベルがトレーニングに取り入れられてきた学校も多いと思います。

私が高校時代の時はケトルベルなんてなかったです。本当に最近の器具なのです。

ケトルベルというのは重りに持ち手が付いている器具で、手で持って扱える器具です。

瞬発系やインナーマッスル系のトレーニングにも役立ちますね!

そんなケトルベルとウエイトアップを目的として使用した練習を紹介していきます!!

このようなことはないでしょうか?

・体幹が走っているときに振られる。

・下半身に安定感がほしい。

・股関節の可動域を広げたい。

ケトルベルは重量によって、通常のトレーニングに負荷を加えるための器具です。

また、負荷を背負って練習することによって、身体の使い方など自然と効率的に動いてくれるようになります。

私のケトルベルの意識としては、扱える重さで正しいフォームを身に付けるために存在します。

スクワットやレッグランヂなどのフリーウエイトで大きな負荷を与える前に、軽い負荷でフォームを身に付けるためにケトルベルがあるのです。

軽い重さから身体を痛めないフォームで筋力アップを目指していきましょう!

今回のトレーニングでは、ケトルベルによる下半身の爆発力を鍛えるメニューを解説していきます!!

ケトルベルを使って下半身を鍛えるためには??

この課題をテーマに今回は解説していこうと思います!

ケトルベルで行う下半身のトレーニングとは

今回、私が紹介するトレーニングは「ケトルベル四股踏み」と「ケトルベルジャンプスクワット」と「ケトルベルバウンディング」となります。

ケトルベル四股踏み」では、重量を扱って股関節の可動域を広げます。

 

ケトルベルジャンプスクワット」では、臀部とハムストリングスを鍛えます。

 

ケトルベルバウンディング」では、上半身と下半身の連動性を重量を扱って高めます。

まずは動画をご覧ください。




このトレーニングで課題テーマ、解決のための3つのポイントを解説していきます!

高く上げて深く沈む

アクションは大きければ大きいほど、負荷も大きくなります。

小さい動きをしていたら、スプリントフォームも小さくなってしまいます。

出来る限り脚を高く上げて、接地したときに深く沈み込めるようにしましょう。

そして、脚を上げた時にケトルベルに振られないように、自分のパワーポジションをキープして取り組みましょう。

ポイント

ケトルベルは重量を下から支えるように持ちましょう!!

屈伸運動で高く跳ぶ

跳躍系のスクワットトレーニングでは沈んだ時の膝の屈伸を利用して高く跳びます。

これはスタートの動作と非常に似ています。

必ず走りにも足を回収する瞬間に膝を折りたたみます。

その敏捷性と瞬発系をこのスクワットでトレーニングしていきましょう。

ポイント

少し視線を高くすると、大きな跳躍ができます!!




ケトルベルを大きく振って進む

ケトルベルに振られることは体幹のバランスが崩れて良くないですが、ケトルベルの重量を利用してダイナミックなフォームで動作することは良いことです。

また重量を扱うことによって、動きが制限されてしますイメージを持つ選手は多いかもしれません。

しかし、どうやったら大きくアクション出来るかということを考えて取り組みましょう。

ポイント

ケトルベルに振られないように、適正な重量で練習しよう!!

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

今回は「ケトルベルを使って下半身を鍛えるためには??」というテーマで解説してきました!

この記事での課題

・高く上げて深く沈む

・屈伸運動で高く跳ぶ

・ケトルベルを大きく振って進む

きーちゃん

陸上競技のトレーニングは日進月歩進化していきます。常に新しい情報を手に入れるようにしましょう!