【陸上短距離】足が速くなるもも上げ3つのコツ | 陸上トレーニングスクール  

【陸上短距離】足が速くなるもも上げ3つのコツ

腿上げは陸上競技以外にも多くのスポーツシーンで取り入れられていると思います。

しかし、アップの一環やストレッチとして練習の一部になっているだけで、その意味を理解している選手は多くないでしょう。

今回は正しい腿上げについて解説していきます。

私の腿上げのイメージは、着いた脚の上に腰が乗り込むことです。

ランニング中でも腰が落ちないように、意識することが重要です。

走りの動作の前から、細かい部分を気を付けて練習できるといいですね。

そして、空中での切り替えです。

この動作ができないと、脚の軌道が後ろになってしまいます。

脚の軌道が後ろになると、脚が後ろに流れて、前に進むことができなくなります。

必ず接地は身体の真下で行って、空中で切り替えるようにしましょう!

足が速くなるもも上げ3つのコツ

動きのアクセント

空中のリラックスと接地のパワーにメリハリを付けましょう。

走りは常に力んでしまうと、後半に疲労が走りに出てしまいます。

接地している以外の瞬間は、極力リラックスしている、緩んでいる状態でいたいですね!

ヒャクゼロ(100・0)理論

論理的に考えると、脚が地面に着いている瞬間は筋肉の出力が「100」になります。

また脚が地面から離れている(離地状態)での筋肉の出力は「0」になります。

この考え方で無駄の少ない省エネ走法を実現できます!

理由としては地面に接地している瞬間だけ、パワーを発揮すればいいからです。

ずっと「100」で走っている選手には余裕がないです。

しかし、メリハリのある走りの選手は、トータルで「50」のパワーで走ることができます。

残りの「50」をラストスパートに使ったり、余裕を出したり、使い方は無限にあります。




3つのポイント

・接地で地面を押すアクセント

・空中で脚を切り替える(脚を前の軌道にするため)

・離地状態ではリラックス

この3つを守れば、もも上げの正しい理由が理解できると思います。

毎日の動作に革命を起こしましょう!!

まとめ

どんなトレーニングにも意味があります。

そして、どんな人にも目標があります。

その目標達成のためにどんな動きが自分に必要なのかを吟味して、行動することが大切です。




他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ