スタートでかっこいい走り方をするための潜り込みダッシュ | 陸上トレーニングスクール  

スタートでかっこいい走り方をするための潜り込みダッシュ

短距離の練習で股関節の動きをスムーズにするために、ハードルドリルを行う選手が多いと思います。

しかし、股関節の動きを良くしただけで、走りに繋げなければ意味がありません。

ハードルで股関節の可動域の可動域に刺激を入れたり、軸を意識したり、重心移動を考えたりして、走りにフォーカスする必要があります。

今回紹介する走りに繋がるハードルドリルは2種目あります。

1種目目は2step切り返し、2種目目は潜り込みダッシュです。

どちらも走りにフォーカスしたハードルドリルなので、是非参考にしてほしいです!!

走りにフォーカスしたハードルドリル

2step切り返し

2ステップなので、空中で脚を入れ替える動作が発生します。

つまり片足での軸が重要になってきます。

軸が潰れると、地面からの反発を受けることなく、腰が落ちてしまいます。

弾みながらスプリント動作に繋げていけるようにしましょう。

スーパーボールにスピンを加えて、ハードルをまたいでいく感覚が必要です。

片足は常に頭の先から棒が入っているように、真っすぐにしましょう!

弾んでいるときに多少は上下しても構いません。

このドリルでは、弾みを付けることを意識しましょう。

弾むことが地面を押すことになります。

軸は進みたい進行方向に真っすぐ脚を出すことで整います。

つま先や膝が外に向くと、膝が曲がって腰が落ちてしまいます。

ハードルをまたいでから、膝がまっすぐになったところで、脚を下すようにしましょう。

焦らなくて大丈夫です。

進行方向に対して、真っすぐつま先が出るようになると、重心移動に無駄が無くなります。

速く走るということは、目的地に速く辿り着くということです。

無駄な道は通りたくないですよね!




潜り込みダッシュ

ハードルを振り子の勢いを利用して、くぐっていきます。

この動作は股関節のストレッチと、重心移動を体現できます。

陸上競技のスタートは腰を動かすことによって、脚が前に出ます。

腰が固定されていては、大きなストライドを出すことができません。

股関節周りの筋肉を大きく利用して、爆発的なダッシュをします。

そして、振り子の動作で重心を接地足に移動させていきます。

軸足から接地足に体重を移動させながらスタートするイメージですね!

走りの中では常に片足に100%の体重がかかります。

その時に接地した脚が潰れてしまうと、十分に地面にパワーを加えることができなくなります。

そのために、重心移動の感覚を養うトレーニングになります。

スタート局面で、しっかり交互に体重を乗せていけるといいですね!

まとめ

スタート時には非常に大きなパワーを必要とします。

その際に、接地した脚に全体重を預けることがポイントになります。

重心移動の感覚を身に着けて、スタートに役立ててください!


他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ