【陸上初心者の小中学生向け】速く走るためのコツ・走り方・練習メニューを30秒のリール動画で簡単解説!※タップするとinstagramに自動で移動します。

【大特集】今すぐに子供の足が速くなる練習方法10選

子供にとって「走る」という動作は日常的に多く存在します。例えば体育の授業や所属しているスポーツクラブ、運動会などです。

特に運動会の徒競走で1番になりたい小学生は多いのではないでしょうか?走りは様々なスポーツに共通して、重要な役割を担っています。

本記事では、子供が速く走るために効果を実感しやすい練習方法をまとめました。是非、ご参考にして様々な場面で速くなった走りを披露してください。

高井貴一(きーちゃん)

本記事を選んで頂きありがとうございます。
最後まで楽しく読めるように執筆しました。

YouTubeチャンネル『陸上トレーニングスクール』運営者です。LINE公式アカウントを使って 日本最大級の無料陸上競技オンラインコーチングをしています。東海エリアで小中高校生を中心に短距離走(100m~400m)専門のパーソナル指導をしています。

なぜ子供は足が速くないとダメなのか

「あと少し足が速かったら、、、」「ゴールまで後5メートルのところで、、、」「スタートが速ければ、、、」といった悩みや苦悩は子供のスポーツシーンでよく見受けられます。

この悩みの共通点として子供の純粋な走力不足が浮き彫りになります。

 

足が遅いことによって悔しい思いや損をしていることはありませんか?

 

足が速いということは多くのスポーツや学校の体育、運動会で有利に働きます。逆に言えば、足さえ速ければスポーツにおいて活躍するチャンスが巡ってきます。

本記事を最後まで丁寧に読むことによって速く走るためのメカニズムが理解できます。勿論、日常で子供たちが簡単に実践できるように難しいことはありません。

足が速くなると自分とスポーツに自信が持てます。足が速いということは自分の武器になるからです。

足を速くするための練習方法を厳選して紹介

足が遅い子供にとって、走ることは苦痛だと思います。多くの場合、走ることを子供が一人で行わないからです。

つまり走ることについて常に周りの子供と比較されるのです。そうなると足が遅いと自分に自信が持てなくなってしまいます。

しかし、走力はちょっとしたキッカケやコツを身に付けるだけですぐに足が速くなったり、走り方が見違えるように変わったりします。

本記事は「子供の足が遅い」という親御様の悩みをダイレクトに解決できるように、解説付きトレーニング動画でアプローチしたいと思います。

動画を観て実践するだけで、子供の足が速くなる可能性も十分あります。小学生の時期に正しい走り方を身に付けて、かっこいいフォームで走っていきましょう!

「子供の足が遅い」を解決する根拠

足が遅い子供には共通点があります。

例えば極端に腰の低い走り方をしていたり、腕振りと足の回転が噛み合っていなかったり、カカトから地面に接地していたりすることが共通点として挙げられます。

これらの要因が子供の走力に悪影響を及ぼしているのです。しかし、これらの悪い要因は正しいトレーニングをすることで解決できます。

私は短距離走専門のパーソナルコーチとして様々な選手に指導してきましたが、ジュニアアスリートほど動きの呑み込みが早く、短期的に結果を出していました。

だから、走り方やフォームを正しく修正することで、足は簡単に速くなるのです。是非トライして見違えるようなカッコイイ走りを手に入れましょう!

【大特集】今すぐに子供の足が速くなる練習方法10選

ここからは具体的な練習方法・練習メニューをご紹介していきます。

どれも日常的に簡単に取り入れられて、かつ効果の高いトレーニングを厳選しました。

10種目を一気に行うのではなく、1日1種目を確かめながら丁寧にトレーニングを重ねてください。

最初は動きをマネするだけでも大丈夫ですよ。体が慣れてきたら、徐々にパワーやスピードを上げていくようにしましょう。

またトレーニングを始める前は軽い有酸素トレーニングや動的ストレッチをしてから行うと効果的です。それでは動画と合わせて解説していきます!

1⃣練習方法『リラックスバウンディング』

このトレーニングは足が地面に着いたときに、地面に対して強いパワーを加えることができるようになります。

足底の母指球と言われる部分で地面を掴むようにして、弾みながら進んでいくことがポイントです。

できるようになってきたら、1歩1歩の歩幅(ストライド)を広げてダイナミックなフォームで実施するようにしましょう。

実施回数:10歩×3セット

きーちゃん

足が地面に着く瞬間に、極端に膝が曲がって腰が落ちてしまわないように気を付けましょう。

2⃣練習方法『ホッピング』

脚力を鍛えるトレーニングです。走りにおいての脚力とは地面を強く押すパワーを指します。

ホッピングでは地面を強く押して、その反発を片足で耐える能力を養います。

一歩一歩、自分の足をバネにしてポンポンと弾みます。

その弾みを利用して前に進んでいきます。このトレーニングをすることで一歩一歩大きく走ることができるようにななります。

実施回数:5歩×3セット

きーちゃん

足に負担が大きなトレーニングとなるので10歩を目安に休憩を取りながら行いましょう。

3⃣練習方法『ステップ乗り込み』

足が後ろに流れないようにする練習方法です。

2ステップで地面を捉えるように進むことで、遊脚(浮いている足)を素早く手前に引き付ける効果があります。

走っている途中に、足が後ろに大きく流れるような選手にはオススメです。

また接地する時につま先を上に向けることで、バネを効かせたフォームを作ることもできます。

実施回数:7歩×3セット

きーちゃん

足のつま先で接地し過ぎると、親指を内出血する可能性があるので気を付けましょう。

4⃣練習方法『脚伸ばしステップ』

足を体の前で動かすトレーニングです。

足が体の前で回転していないとスムーズに加速することができません。

自分の体をグングン前に進ませるためには、足を体の後ろで回すのではなく、前で回す必要があります。

その際に両足を素早く切り替えるという動作が重要になります。

この練習では空中で足を素早く入れ替えて、足を体の前で動かすフォームを作ります。

実施回数:10歩×3セット

きーちゃん

切り替える瞬間に腰が後ろに残らないように、腰ごと前に送り出すように意識しましょう。

5⃣練習方法『スキップステップ』

走りの後半でリラックスするためのトレーニング方法です。

人間は走っているときに腕や足に力が入って、筋肉が緊張すると上手く体を動かせなくなります。つまり一気に減速(スピードダウン)してしまいます。

速く走るためには常にリラックスした状態を維持する必要があります。

そのためにスキップで走りのリズムを整えながら、加速するイメージを養います。

実施回数:10歩×3セット

きーちゃん

なるべく肩や腕周りは楽にした状態で実施することで、リラックス状態を走りのフォームに落とし込めます。

6⃣練習方法『ピッチステップ』

足を回すスピードをアップさせる練習方法です。

足の速い子供は、この足を素早く回すパワーが強いです。

高速回転で足のピッチを回して素早く前に進みます。

これは腸腰筋と呼ばれる足を上に挙げる筋力が発達しているからです。

そのためにピッチステップで腸腰筋に刺激を与えて、足を回すスピードをアップさせます。

実施回数:15歩×3セット

きーちゃん

腕を素早くスイングすることでも足を回すスピードを上げることができます。

7⃣練習方法『カカトタッチ』

走っている際に後ろに流れた足を素早く巻きつけて、足の回収スピードを素早くするトレーニング方法です。

ジョギングしながらカカトをお尻まで巻き上げます。その感覚を分かりやすくするために、お尻の前に手を置いておきましょう。

走っているときに、後ろに大きく足が流れてしまう子供は、足の回収スピードが遅いです。

このトレーニングで素早く足を回収して、体より前で足を回転させられるようにしましょう。

実施回数:10歩×3セット

きーちゃん

ハムストリングスや大殿筋がカカトタッチしたときに、素早く収縮していることを感じましょう。

8⃣練習方法『ステップジャンプ』

純粋な脚力を高めるトレーニングです。ステップを踏みながら高く跳び上がります。

この瞬間に大きく高く、できるだけ遠くにジャンプすることで足のバネを強化することもできます。

またしっかり足底の母指球で押し出すことでジャンプ力を鍛える練習になります。

走りでは脚力がアップすれば、地面を蹴り力が強くなるのでスピードアップに繋がります。

実施回数:7歩×3セット

きーちゃん

腕をスイングを下から上に強く振るとより高くジャンプすることができます。

9⃣練習方法『チャパキス』

50mや100mの後半でバテない体力と脚力を付けるトレーニングです。

50mや100mは子供にとって非常に長いです。

そのため足がもつれて、フォームがぐちゃぐちゃになってしまうケースが多くあります。

そのために最後まで崩れない体幹が必要となります。

この練習メニューでは走りの動作を空中で形成しながら、心肺機能を強化することができます。省スペースで行えることも魅力です。

実施回数:15回×3セット

きーちゃん

着地したときに膝が曲がって、腰が落ちないように注意しましょう。このトレーニングの効果を高めるには空中動作を長くして、地面に足が着いている時間を短くすることです。

🔟練習方法『バウンディング』

全てのトレーニングの集大成と言っても過言ではない練習方法です。

遠くにジャンプしながらバネを使って走っていきます。

一歩一歩の歩幅を広くして、大きなストライドで走ることができるようになります。

また足底の母指球で地面を捉えて、地面を強く蹴って前に進む感覚を身に付けることができます。

足への負荷が大きい種目ですが、脚力強化に絶大な効果を発揮します。

実施回数:7歩×3セット

きーちゃん

足だけでなく、腕もダイナミックに動かすことです。走りのフォームを大きくすることができます。

改めて今すぐに子供の足が速くなる練習方法10選とは?

ここまで子供の足を速くするための様々な練習方法を紹介してきました。

どれも速く走るコツをつかむ上で重要なトレーニングです。

「足が遅い」ということは様々な場面で不利になります。

例えば運動会の徒競走やリレー、野球やサッカー、バスケットボールでも足が遅いと得点のチャンスを逃してしまいます。

足を速くするということは、これらのデメリットを回避して、スポーツにおいて活躍できるチャンスを広げます。

走りを重要視するのは陸上競技だけではなく、全てのスポーツで共通したスキルと言えるでしょう。

改めて本記事が足が遅いことを悩んでいる子供たちの役に立てば嬉しいと思います。

まとめ

本記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

子供の足を速くするための全てが詰め込まれた記事を書き上げることができました。

おそらくこの記事を見つけたお父さんお母さん、そして選手は足が遅いことに対して悩みを抱えていると思います。

本記事を通して、その悩みが解消してスポーツの様々な場面で役立てて頂きたいと思います。