短距離選手のためのランニングシューズランキングTOP3を発表してみた | 陸上トレーニングスクール  

短距離選手のためのランニングシューズランキングTOP3を発表してみた

今回はみなさんが気になっている短距離選手に向けたランニングシューズTOP3を発表していきたいと思います。

アップシューズと聞くと、どれも同じじゃないの?と思う人が非常に多いと思います。

結論から言うと、全然違います!!

アシックス、ミズノ、ナイキ、ニューバランス、アディダス、プーマ、、、

様々なアップシューズが販売されていますが、厳選に厳選を重ねて今回はご紹介します。

ちなみに私はアシックスの超愛好家です。

今まで履いてきたシューズは、

ターサージャパン、ターサージール、ターサージールTS、スカイセンサージャパン、ソーティジャパントレーナー、ウィンドスプリントです!!

生まれてから、ずっとアシックスです。

厳密にいうと、一度だけミズノのビルトトレーナーを使用してましたが、脚に合わなかったです。

しかし、なんと今回はアシックスがランクインしない波乱の展開になります!!

アスリートネオの長谷川さんのチョイスで、是非短距離選手に履いてほしいシューズを紹介します。

※もちろんアシックスも最高のシューズメーカーです。




さっそく第3位から発表していきます!!

第3位はミズノのWAVE DUELです!!

さっそく人気シューズメーカーのミズノがランクインしてきましたね。

私の印象はスパイクに力を入れているイメージのミズノですが、アップシューズの性能も高かったようです!

このウェーブデュエルはスパイクに近いタイプのレーシングシューズです。

ソールの部分が非常に硬いです。まるでスパイクと同じくらいに。

地面からの反発を妥協することなく、推進力に変えるためですね。

そのためには、相当なキック力が必要でしょうね。

実際に履いてみた感覚は、足先にゆとりがありました。

アシックス基準で考えたら、窮屈な感覚はなかったですね。

地面とのグリップ力もあって、走りやすいシューズになります。

ただ、プレート全体が硬めの設計なので、長時間の使用は疲労の原因になるかもしれないです。

上級者モデル」です。

ポイント練習やスプリント練習で使うなどの使い分けが必要なシューズだと思います。




そして気になる第2位はコチラのシューズ!

ニューバランスからHANZO Rです!!

まず最初にデザインに魅力を感じましたね。

私みたいなアップシューズの知識がない人間は、まずデザイン性から入りますからね。

モチベーションを上げるためには、デザインも重要なのですが。

しかし、ハンゾーはかっこよかったです。

驚くべきは、あの世界の名工である三村仁司氏の監修のもと造られたシューズだということです。

履いてみた感想は、グリップとフィットのダブルパンチでした。

走りを安定させるために必要な要素が盛り込まれたシューズだと思います。

近年ではスピードタイプの長距離選手にも愛用されており、オールラウンダーシューズとなっています。

中級者モデル」だと思います。

私の脚に合っている感じがありましたね。

そして、めちゃくちゃ軽く感じました。




そして、栄えある第1位は、、、

アディダスからAdizero RCです!!

なんといってもコスパがいい!!

コチラのシューズは定価¥9000切ってきます。

何が言いたいかというと、ガンガン走って、ドンドン強くなってほしいということです。

シューズ選びで重要なことは、試合当日のどうしたら競技力を更新することができるかです。

そのために選ぶべきシューズは、「強くなるためのシューズ」だということです。

顔が完全に驚いています。

クッションが強いので、怪我のリスクは抑えられている感じがします。

また、ソールは他のシューズより柔らかめです。

初心者から中級者モデル」でしょう。

履き込むことによって、使用感で練習の量や質が分かったりするものです。

履きつぶして、買い替えての連続で競技力は向上していきます。

そのためのシューズとしては最適な一足だと考えています。

是非お試しください。

アディゼロRCはランニングシューズとしても最高の一足です。

今回は短距離選手に履いてほしいランニングシューズTOP3を発表しました。

どれも最高のパートナーになると思います。

是非、ニシオスポーツアスリートネオに脚を運んでみてください!!

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ