陸上短距離で記録タイムが出やすい競技場ベスト3ランキング | 陸上トレーニングスクール  

陸上短距離で記録タイムが出やすい競技場ベスト3ランキング

陸上競技の短距離は風によって記録が左右されます。

100mや200mでは追い風が2.0mまで公認記録で、それ以上になると非公認記録になってしまいます。

非公認記録は大会のエントリーや申請の際には使用できません。

つまり、競技場に吹き荒れる風はそれだけ大きな役割を果たしているのです。

私は競技場によってタイムが出やすい競技場と出にくい競技場があると思います。

そこで、今まで走ってきた競技場でランキングを付けていきたいと思います!!

※全て個人的な意見なので気にしないでください。

発表の前に、個人的にタイムが出にくかった競技場を紹介します。

どの競技場も正直同じです。

しかし、今から紹介するトラックはタイムが出なかったですね。

その一つは埼玉県の熊谷陸上競技場です。

私が大学4年生での日本インカレ開催地です。

それにしても暑かったです。サブトラックにも日陰がなく工夫しながらアップしていました。

日陰がない競技場は要注意です。

太陽の下にいるだけで体力は奪われてしまうので、室内走路を上手く活用しましょう!





続いて神奈川県のBMWスタジアムです。

この競技場は大学3年生4年生の学生個人選手権で走りました。

47秒で安定していた時期でしたが、余裕で48秒かかりました。

サブトラックがなかったので、外周でアップしなくてはなりません!

ウォーミングアップにも大きな工夫が必要だと思い知らされる競技場でした。

バックストレートが向かい風の競技場は個人的に苦手です。

そして、ついに記録タイムが出やすい陸上競技場を発表します。

第3位は奈良の鴻池陸上競技場です!

こちらはブルータータンです。気持ちをリラックスさせてくれますね。

サブトラックのコンディションはあまり良くありませんが、最低限アップはできます。

ちなみに日陰は無いです。

実は大学3年生の時に初めて100mを10秒台で走った競技場です。

100m専門の風が吹いているようなイメージがあります。

その日の午前中はほぼ追い風でしたね。

トラックの質も悪くないと思います。

ショートスプリンターにオススメの競技場です。

堂々の第2位は静岡県のエコパスタジアム(小笠山総合運動公園)です。

このスタジアムで走って出た記録をエコパ記録というくらい好タイムが出ます!

初めて走ったのは高校2年生のマイルですが、初のマイルラップ49秒台が出ました!

山に囲まれている競技場で涼しいです。



エコパは400mのスプリンター向けのトラック性質です。

風が回ってくれるのです。嘘みたいな話ですが、私が走ったレースは回ってました。

つまり永遠に追い風状態です!!

不思議な競技場ですよ。

栄えある優勝は大阪府のヤンマースタジアム長居(長居第一陸上競技場)です!!

私の自己ベストです!

岐阜県から関西に来て本当に良かったと思えた瞬間にヤンマースタジアムで巡り合えました。

過去に世界陸上も行われた高速トラックです!

トラックが観客席に囲まれたスタジアムは非常に盛り上がる雰囲気を演出してくれますよね。

そのような場所で走らせてもらえることに感謝したいですね。

当たり前のことは、実は当たり前ではないことに気付かされます。

またいつかヤンマースタジアムで走りたいものですね!

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ