100m9秒台ヨハンブレイクのバック走トレーニングを解説 | 陸上トレーニングスクール  

100m9秒台ヨハンブレイクのバック走トレーニングを解説

陸上競技短距離でハムストリングスを鍛えるために、バック走が取り入れられます。

バック走とは後ろを向きながら前に向かって走る練習方法です。

公式な種目ではありませんが、世界大会はあるみたいです。

バック走でハムストリングを鍛えるために行うことは簡単です。

それは後ろに大きく蹴り上げながら進むことです。

多くの選手はチョコチョコバック走をしていますが、それでは効果が少ないです。

遠くに蹴り出すことでストライドを生むことができます。

お尻で進むイメージですね。

通常の走りでも脚を回収して、腰の真下で接地します。

バック走では足を後ろに蹴り上げることで、ハムストリングスの収縮にアプローチします。

つまり、バック走を極めれば、脚の回収にも相関してきます。

ジャマイカの100m世界歴代2位ヨハンブレイク選手は、このハムストリングス収縮動作に負荷を付けて行ってます。

彼は何度もハムストリングスの肉離れに悩まされていました。

だから、ハムストリングスをしっかり鍛え上げて、ケガのないフィジカルを作り上げたのです。

それでは、効果的なバック走について説明していきます。

まずは、スタートから大きくカカトを後ろに蹴り上げます。

カカトを高い位置にもっていくようにしましょう。

接地時間は長くなって構いません。

その代わりしっかり地面を押して、上に弾むように走ります。

脚で押してお尻で進む感覚です。

上半身は大きく使いましょう。

通常の走りでは腕を引くときに進みますが、バック走では腕を前に出したときに進みます。

お尻主体で走りましょう。

イメージはゴールに吸い込まれていくように走ります。

視界については自分の走っている2本のラインの間を走るようにすれば、まっすぐ走ることができます。

後半はカカトの位置が下がらないように、蹴り上げの意識を保ちましょう。

結果は100m18.08でした。

日本記録は15秒82のようです。

いつか更新したいと思います。オフィシャルな試合にも出てみよう!



バック走はハムストリングスの収縮強化になります。

つまり脚の回収スピードに関係します。

押し上げを意識して行いましょう!

押し上げて進んだときに、腸腰筋のストレッチもされます。

インナーマッスルの可動域を広げられるトレーニングでもあるので是非、取り入れていきたいですね!



他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ