珍タイム連発!?GoProで見る渾身の100m200mタイムトライアル!スタブロ解説付き | 陸上トレーニングスクール  

珍タイム連発!?GoProで見る渾身の100m200mタイムトライアル!スタブロ解説付き

今回は100m200mのタイムトライアルをしました!!

3年ぶりの身体でどこまでやれるか、心配でしたが怪我なく乗り切りました!

400mのタイムから考えて、予想していただければ嬉しいです!!

過去の自己ベストは100m10,69と200m21,65となっております。

痛感して分かることが、人の身体は何もしていないとすぐに衰えていきます。

脳が走ることに対して魅力を感じなくなり、走るために使っていた筋肉を衰退させるのです。

本当の恐怖ですよね。積み上げてきたものを崩すのも自分ですね。

そんなこんなで、また復活するわけですが、正直ビビってます。

自分がこれからどこまでできるかや自分が走ることによってどんな価値が想像できるかということにです。

でも、やってみないとわからないですね!

挑戦」が今から始まります!

懸念材料を挙げたらきりがありませんが、とにかくハムストリングスです!

このタイムトライアルでできた基準を見て、今後の練習につなげていきます!

ただ、何を基準にするのかが全く分からないタイムが出てしまいます。

陸上を始めた時の自分に立ち直ってトレーニングしていきます。




このタイムトライアルの課題

それは「ヘッドアップ」です!

毎回、すぐに頭が上がって、加速区間を無駄にしてしまいます。

加速区間を伸ばすことによって、トップスピードの落ち具合が緩やかになって、失速しきる前にゴールすることがあります。

ただ、今の豆腐のような体幹でヘッドアップを抑えることは容易ではなかったことは動画を見ればすぐにわかります。

しかし、この課題を一瞬で克服しようと思います!

意識するだけで人は変われます。

とりあえず意識だけは誰にも負けません!




今回は個人的なスタブロ解説動画もあるので是非ご視聴ください!

このスタブロ解説は本当に個人的です!!

若干ロケット気味ですが、重心は前足にしっかりかかってます。

後ろ脚が近いのは一歩目を速く接地させたいからです。

ただ試す価値はあると思います。

脚は伸ばしたほうがパワーが逃げません!

関節の緩みがなくなるので素早く前に出られます。

ただ、膝を曲げてから押し出す動作が私にとってタイムロスだと思ったので伸ばしています。

 

なるべく遠くに一歩目を接地して、無駄な距離の発生を防ぎましょう!

遠くに一歩目を着く意識は、ガニマタ走法を防止します。

腰周りを大きく使って、スーパーボールで跳ねていくような感覚があればグッドです!

レース後のコメントはいつも控えめですね!

いつも記憶なくなります。

もっと、動きが身体に馴染めばレースの余裕も出てくるのですが、今は皆無ですね。



200mでよくあることがコーナー出口でみんな一斉にもげ出すことなんですよね!遠心力が上手く推進力に変わってないパターンです。

コーナー出口でトップスピードを迎えて、その維持をすることが200mに求められる要素ですね。

その結果、、、

強烈なタイムが出ました!

練習します、切実に!

続いては100m!




速くはないですけど、中盤くらいまでは地面を押して進む感覚がありました!

ゴール前で完ぺきに空回りしてしまいました!!

空中を走ってましたね!

課題はコチラ

練習大好きマンになろう!

こんな体幹では走れません。

当サイトの記事を全力で読みます!!

本当に陸上についてのイロハを集約してるので是非一読してみてください!

その結果、、、

高校1年生のベストは更新しました!!

これでは終われません!!誓いを立てます!!

2020逆襲が始まります!!

今回のリザルトです。




すごい顔してますね!

100m12,12と200m24,85という結果になりました。そして、戦いが始まります。

最後までご視聴ありがとうございます!

是非、シェアして友だちと共有してください。

これからも面白いコンテンツを作っていきたいと思います!

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ