元全日本インカレ出場選手が復活を決めて100mを10本走ってみた! | 陸上トレーニングスクール  

元全日本インカレ出場選手が復活を決めて100mを10本走ってみた!

今回の動画は夏の強化練習です!

もう距離を走って「走れる身体」をつくるところからスタートします。

100m,200m,400mの今の実力が分かったので、あとは強くなってタイムを伸ばすだけです!

今思うと本当に悲惨なタイムですね。

今まで作ってきた身体がこんなことになるなんて、、、

しかし、後悔しても仕方ありませんね!前向きにトレーニングしていきます。

この強化トレーニングについての課題もはっきり決めてトレーニングしていきます!

練習時間が学生の時より少ない分、明確な目標をもって練習に挑みたいです。

タイムイズマネーです。一秒たりとも無駄にできません。



そして今回の練習は「100m✖10本」です!!

弱った身体が耐えられるのか不安でしかありません。

ここまで走っていないとスパイクに対する不安がすごいんですよね。

一つ目の課題はトップスピードの向上!

後半の減速を抑えるためです。

また、中間疾走で他の選手と競ることを想定したら、トップスピードの向上は必須です。

予選決勝のレースなども加味すると、予選を余裕をもって通過するためにもトップスピードです。

トップスピードは陸上選手にとって永遠の課題ではありますが、100mというドラマの中でどこにトップスピードをもってくるかということも、考えて自分のベストなタイミングも探っていきたいです。

 

二つ目の課題は体力強化。

陸上選手の身体を作り直すためです。

純粋なヒットポイントを高めます。

練習に耐えられるだけのフィジカルを作り直す必要があります。

その向上させた体力でより強度の高い練習をしていきたいと思います!!

三つ目の課題はヘッドアップです。

本当に上手く加速に乗りたいからです。

加速は頭の重さだけで進んでいくことが一番楽ですからね。

常に加速は初動になるので大きなパワーを使う場面ではありますが、レース全体から見たら短い区間です。

私はいかに楽をしてスタートして、トップスピードをどれだけ奥で迎えられるかを考えて走っています。



残り4本で妥協のレスト。いえ、戦略的です。

必死に考えた戦略の中のレストです。

納得のいくレストをとることを心がけています。

レストの取り方は人それぞれだと思いますが、練習の趣旨によって変えるといいと思います。

ただ、走り切れないほどの疲労だったり、身体をコントロールできない状況だったら、レストを入れるべきだと思います。

一番ダメなのは本数を無駄にしてしまうことですから。

まだまだこれからが本番です!

なんとか走り終えました。

私の中では、トップスピードの維持が一番感覚としては良かったですね。

タイムとしてもイーブンで走れたと思います。

技術的な面は少しずつ馴染ませていきます。

それにしても本当にキツカッタデス。



自分自身が抱えている課題や問題点があれば、アドバイスさせていただきますので、コメント欄にお願いします。

色々受け付けているので、面白そうなアイディアがあれば是非教えてください!!

とりあえず距離を積みます!

そして、あの日の自分を超えて魅せます。

私にどんな価値があるかまだ、分かりませんが、視聴者の方と一緒に成長していきたい気持ちは人一倍大きいです!

淡々と走る動画でも面白くする工夫をしていくので、また観に来てください!

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ