【アシックス短距離用シューズ】ライトレーサー2をレビュー | 陸上トレーニングスクール  

【アシックス短距離用シューズ】ライトレーサー2をレビュー

今回は短距離走初心者のためのランニングシューズ紹介です。

短距離走と言えば薄いソールで高反発なプレートというイメージがありますが、それは上級者モデルです。

初心者モデルは厚いソールでクッション性のあるプレートをオススメします。

そのほうが反発を無理なく、吸収しながら推進力に変換してくれるので、理想的な走りができます。

それはアシックスのライトレーサーです!!

いつもはターサージャパンとかターサージールとか履いているのですが、今回は脚のことを気にして優しいランニングシューズを買いました。

ちなみにデザインは東京2020仕様です。

スニーカーみたいでかっこいいですよね!!





ライトレーサー2とは

ランニングシューズの特徴

底面はグリップではなくハチの巣状の縫い目です。

ソール自体も硬いわけではないので、クッション性を重視したモデルだと言えます。

外側も補強プレートが付いており、トレーニングとしても十分使えそうです。

グリップが無いにしても、滑るような感覚はありません。

腰の真下で接地できていれば、地面を強く押して進んでいくことができます。

走りやすさは申し分ないです。

ホールド感

ライトレーサー2では足を入れて、くるぶし辺りが肉厚設計になっているので、しっかり脚をホールドしてくれます。

締め付け感や圧迫感は多少残ります。

しかし、これくらい圧力があったほうが、走行中のブレは軽減できると思います。

接地したときにブレると、無駄な筋肉が振動して、余計な疲労を蓄積させることとなります。

足首周りを固めて、接地時にバネを使って走れるといいですね。



サイズ感

ホールド感が比較的に強いので、サイズ感はややタイトです。

0.5cmくらいは大きいものを買ったほうがいいかもしれません。

走った感想

蹴り出しは滑らかです。

しっかり押して進めます。ただ、グリップが無い分、母指球での押し出し感が若干薄い感覚もあります。

そこまで、問題にはなりませんけどね。

グリップがあるターサーシリーズと比べると、接地時間は長くなります。

ソールが柔らかいので、地面をねっとりと捉えられます。

だからこと、地面を押せる時間が長くなって、走行自体は安定します。

完全に遊脚が遅れている写真です。

外側から接地しても、丈夫な補強プレートがあるので摩耗も気にすることはありません。

こだわりの特徴

一度トップスピードに乗ると失速しにくいです。

理由はフラットな接地感なので、ブレーキになりにくいからです。




押した分だけ、しっかり反発が返ってくるので、スプリントトレーニングとして良い感覚を掴みやすいですね。

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ