【陸上400mバテる選手】ウェーブ走でスピードを維持する練習メニュー | 陸上トレーニングスクール  

【陸上400mバテる選手】ウェーブ走でスピードを維持する練習メニュー

陸上競技短距離メニュー【ウェーブ走】

ウェーブ走とは

ウェーブ走とはスピードレベルに緩急をつけて、トップスピードを上げたり、維持したりする短距離専門の練習メニューです。

100mや200mなどの距離の中で、アゲ区間と維持区間に分けて、スピードを操作します。

そうすることによって、レース本番でのギアチェンジするタイミングを明確化して、競り負けない走りができるようになります。

今回は200mを題材として行います。

200mの区間を50mで区切ります。

50mアゲ→50m維持→50mアゲ→50m維持というようにスピードレベルに変化を付けていきます。



200mや400mコーナーの走り方を学べる

ウェーブ走ではスピードレベルの変化が分かりやすいコーナー出口を再現できます。

例えば200mではコーナー出口でトップスピードを出せるように調整しながら、レースを進める必要があります。

このウェーブ走ではレースプランに合わせて、どこでスピードを上げるか?またはスピードを維持するか?が的確に表現できます。

コーナーの遠心力を推進力に変えていく瞬間を、自分でスピードを操作しながら感覚を掴みます。

自分でスピードレベルをコントロールするということが大切なのです。

足が流れる原因は

自分のスピードレベルをコントロール(維持)できないからです。

想像以上のパフォーマンスを出そうとすると、筋肉が緊張して、可動域が小さくなります。

そのため、ブレーキ接地となり、足が身体の後ろで空回りします。



ウェーブ走をやってみた

最初の50mアゲなのでしっかり加速していきます。

身体を前傾させて、後ろ足で地面を強く押して進みます。

多少、接地時間が長くなっても大丈夫なので、地面に大きな力を加えていきましょう。

前傾姿勢を作るときは腰から真っすぐ上半身を倒します。

この瞬間に猫背にならないように意識します。

次の50m区間はストライドを開放してスピードレベルを維持します。

この時にストライドを無理やり伸ばそうとするのではなく、挙げた脚の上に腰が乗り込むだけのイメージです。

上半身を斜めに倒してコーナリングします。

この時にコーナー出口での加速をイメージします。

200mではトップスピード区間ですので、スピードを落とさないようにします。




直線では接地時間を短くするように走ります。

中間疾走で接地時間が長くなると、地面をひっかいてしまい、足が後ろに流れる原因となります。

ラスト50mは地面の反発を感じながら、跳ねるようにしてゴールします。

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ