後半バテなくなる400mのスキップダッシュスピード練習 | 陸上トレーニングスクール  

後半バテなくなる400mのスキップダッシュスピード練習

400mで後半バテるのはトップスピードが足りないから

スキップダッシュのやり方

400mを走り切れない要因は「トップスピード」にあります。

100m10秒台の選手と12秒の選手では、スタートやバックストレートでの力感が違います。

トップスピードが高ければ、同じスピードで走っても、楽に走れます。

ということで、スキップダッシュを解説していきます。

 

最初の30mはリラックスしてスキップしてください。

このスキップは高さが出ても大丈夫です。






そして、次の20mで潜り込みダッシュをします。

スキップの高さを利用して、ジェットコースターのような潜り込みをしましょう。

この潜り込みダッシュは100mのスタートの意識でマックスまで上げます。

ポイントは腰を高くキープして、膝と地面の間隔を狭くすることです。

そうすることで、前に倒れ込むようなスタートができます。

加速にグングン乗って走りましょう!!

最後にダウン走です。

フォームを意識したまま、ゆっくりスピードを緩めていきます。

トップスピードを上げるためのスキップダッシュは非常に簡単です。

30mスキップ→20m潜り込みダッシュ→10mダウン走です。

これを繰り返し行って、脚の回転数と乗り込みの意識を改善していきます。



実践!スキップダッシュ

最初は「歩き」で助走を付けます。

上半身を前傾させることで、前に進んでいくという感覚を意識しましょう。

スキップのステップでは踵から乗り込んで、母指球で押して進みます。

苦手な人はリズムをとるのが難しいと言いますが、踵と母指球が意識できていれば、趣旨としては正解です。

30mを通過したら、ガッツリ上半身を前傾させて加速していきます。

上半身を上から被せるようにして、膝が浮かないようにしましょう。

加速局面ではストライドを欲張らないようにしましょう。

欲張るとオーバーストライドになり、腰が落ちてしまいます。

常に腰から近い位置で地面を捉えて、押すことが大切なのです。

ポイント

スキップで高さを意識します。

その理由は「乗り込み」です。

真上から地面を捉えることで、効率的に推進力に変えていけます。




スタート局面では、推進力の増幅がポイントとなるので、乗り込み動作は必須です。

地面からの反発を前に進む力に変えていきましょう。

そのためにスキップの滑らかな重心移動がスプリントフォームの意識付けに必要となるのです。

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ