【ストライドが伸びない原因とは】100mを速く走るコツと練習方法 | 陸上トレーニングスクール    

【ストライドが伸びない原因とは】100mを速く走るコツと練習方法

陸上競技短距離走において「ストライド」という言葉を聞いたことがあると思います。

このストライドはタイムを左右する重要な要素となります。

特に100分の1秒を争う短距離走ではストライドを伸ばすことで、自己ベストを更新することができます。

今回はストライドが伸びない原因を解説して、競技力の向上につなげていきたいと思います。

そもそも「ストライド」とは何でしょうか?

ストライドは距離のことを指します。

そして、この距離とピッチ(回転数)の掛け算が速さ(スピード)となります。

つまり、このストライドを伸ばすことによって、スピードに直結するということです。

そして、その距離は「1歩あたりに重心が移動した距離」を指します。

よく「歩幅」と勘違いされやすいですが、歩幅ではありません。

歩幅であれば、大股歩行のような態勢で走ることが理想とされてしまうからです。

どうすればストライドが伸びるのか

なぜストライドを伸ばす必要があるか

ストライドを稼ぐことができる瞬間は、空中にいる時間です。

スプリント状態の人間は、空中で移動するからです。

だから、接地時間を短くして滞空時間を伸ばすことで、ストライドが伸びてきます。

地面に足が付いている状態では、人間は実質的には進んでいません。

ストライドを伸ばすポイント

ストライドは股関節の筋力で決まります。

つまり、股関節周りの筋群で大きなパワーを地面に加えることで、得られる反発力が重要です。

地面と反発することで滞空時間が伸びて、ストライドも伸びます。

だから、股関節の柔軟性はストライドにさほど関与しません。

大切なのは筋力です。

ストライドを伸ばす練習方法

まずは腰の高さくらいのハードルを用意します。

ここでハードル歩行のリズムステップを行います。

膝の位置を高く上げることで股関節の筋群を大きく動かせます。

ストライドを伸ばすトレーニングメニューは様々ありますが、膝の位置を高くすることは共通認識として考えましょう。

スプリント動作でも、腰が乗り込めていないと膝が曲がって地面に強いパワーを加えられません。

だから、着いた脚の上に腰が乗り込むように、弾みながら接地します。

母指球で地面を捉えることで、地面に最も強いパワーを掛けられます。

この時に、つま先でブレーキ接地にならないように気を付けましょう。

ストライドを伸ばす練習のメリット

今回のハードル練習では360度股関節を鍛えることができます。

可動範囲が広ければそれだけ、大きな筋力を利用して、脚を操作することができます。

是非、日ごろのトレーニングに取り入れてください。

他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ