【陸上短距離】後半バテなくなる400mスタートのコツ | 陸上トレーニングスクール  

【陸上短距離】後半バテなくなる400mスタートのコツ

400mは後半ラスト100mが非常に厳しいです。

出来れば、ばてないで走れるようになりたいですね。

今回は後半バテずに走るためのスタートについて解説していこうと思います。

400mは走る前に鬱になりますよね。

それは後半への不安があるからだと思います。

ロングスプリントの後半の失速はかなり目立ちます。

後半に強くなるためにはどうしたらいいのでしょうか??

実はスタートを改善することによって、後半が楽に走れるようになるかもしれません。

私は400mを分割して走っています。

400mを全力で走ろうと思うとつらいです。

だから、何分割かに分けて走るようにすることで、気持ちをリフレッシュさせます。

今回はスタートから70mまでの解説になります。

スタートから70mというのは加速区間です。

その加速区間では、400mを走るための加速準備をします。

400mではバックストレートがトップスピードになるので。第2コーナーまでは加速区間に位置付けられます。

ポイントとしては70mまで前傾して走っていくことです。

ゆっくり加速していくイメージです。

少しずつギアを切り替えていく感覚を序盤でつくっていきましょう!

顔を上げたら300mのスタート地点にいるようにしましょう。

そうしたらもう300m走になります。

これを+70m方式と私は呼んでいます!

70m地点までじわじわ加速していきます。

本当にゆっくりでいいです。

トップスピードをしっかりバックストレートで迎えられるようにしましょう!!

スピードが上がると上半身が起き上がってきますが、しっかり抑え込むイメージを持ちましょう。

上半身が上がると、加速できなくなるので、残りの距離が長くなってしまいます。

第2コーナー出口にかけてストライドを開放していきます。

バックストレートではピッチとストライドのバランスを取りながら、大きく走ることがポイントです。



ポイントはスターティングブロックからスタートして70m前傾することです。

上半身が浮いてこないように、地面を押し込むようにして進みます。

これは100mも200mも同じですね。

400mを走るのではなく、300mを走るようにしましょう。

顔を上げてからの景色が300mだと、気持ち的に楽になると思います。

是非、試してみてください!!




他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ