マイルリレー第1走者の走り方とバトンパスを解説 | 陸上トレーニングスクール  

マイルリレー第1走者の走り方とバトンパスを解説

4×400mリレーを別名【マイル】と呼びます。

1マイル=1609.34mなので、マイルと呼びます。

マイルとは単位のことで、主に陸上の距離を計測したりするときに使用します。

今回は1人が400mを走るマイルリレーの第1走者の走り方とコツについて解説していきます。

1走は責任と役割を理解している選手が走る走順です。

また、セパレートレーンなので、リアルに順位やチームの差が分かってしまう走順でもあります。

そして、バトンが渡った順位で、レースの優位性も左右するので非常に重要なポジションになります!

大切なことは3つあります。

一つ、1位で戻ってくる

二つ、バトンパス

三つ、気持ちで負けない

この3つがマストで必要です。

レースのプランは状況次第で何とかなりますが、マインドセットの部分で、この3つは重要な働きをします。

1走は400mではありません。

バトンパスの位置にもよりますが、だいたい390~395mくらいです。

気持ち的に少しは楽になりますよね。

だから、恐れないでガンガン前半から攻めていきましょう!

バックストレートでは第2コーナーの遠心力を利用してリラックスしながら加速していきます。

バックストレートは400mでのトップスピード区間なので、ストライドを開放して、大きなスイングを心がけましょう。

マイルは超スピードレースです。

前半で差が生まれてしまえば、なかなか挽回できません。

だから、各コーナーでギアチェンジして、再加速するイメージで走っていきましょう。



第3コーナーでは右足で内側に押し込むように地面を捉えましょう。

遠心力を推進力に変換しながら走ります。

コーナーに振られる事なく走れるようになりますよ!!

コーナーでは上半身が浮き過ぎないように、肩で地面を押しながら走ります。

推進力が上方向に働くと減速します。

前に進むような推進力をイメージしましょう!

後半になれば、走りが硬くなります。

走りが硬くなると、関節が硬くなって、股関節の可動域が狭くなります。

そんな時こそ、軸とリズムで走ります。



後半は膝の位置が低くなります。

そうなると身体より後ろで脚が回り、脚が流れたような走りになってしまいます。

だから、膝を高く上げるイメージで走りましょう。

脚を上げるのではなく、膝の位置に注目して走ってください。

バトンはリレーゾーンの真ん中で渡るのが理想です。

お互いの距離感をしっかり見て、勢いよくスタートを切りましょう!

マイルリレーは陸上界で最も盛り上がる種目です。

活躍できるようにトレーニングを積み重ねましょう!


他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ