マイルリレーアンカーの勝つための走り方とバトンパスを解説 | 陸上トレーニングスクール  

マイルリレーアンカーの勝つための走り方とバトンパスを解説

マイルリレーのアンカーの順位がチームの順位になります。

当たり前ですが、この事実が責任とプレッシャーをスプリンターに与えるのです。

しかし、アンカーはどの走順より、やりがいのある走順でしょう!

チームの期待を背負って、思う存分走り切ってください。

理想的なバトンパスはリレーゾーンの真ん中での受け渡しです。

マイルでは混戦が予想されるので、振り向いてしっかり貰い受けるのが定石です。

しかし、近年ではアンダーハンドパスでバトンパスしているチームもよく見かけますね!

第1コーナーでは抜かそうとしないようにします。

加速区間なので、じわじわスピードに乗ります。

もし、前のライバルが遅かったら外に膨らんで、先行するのも必要になります。

マイルでは最初の100mは加速区間だと思って、余裕を持ったレース展開をしましょう。

焦って仕掛けるのは禁物です!

相手の出方も考慮して自分のレースに持ち込みましょう。

そのために、序盤での加速が重要になるのです。

ギアチェンジは各コーナーで行いますが、特に強調したいポイントは250m地点です。

スタートから250mまで1つのセッションだと思ってください。

つまりラスト150mで仕掛けるということです!

200m地点では、250m地点のための再加速を行います。

ここでは少し膨らんで、前の選手を捉える準備を始めます。

スピードレベルをもう一段階上げて、グングン加速していきましょう!

ここで着いていけないと、ホームストレートでの勝負が難しくなります。

並走するくらいの気持ちで、加速します。



250m地点では外側のレーンに入って、並ぶようにして走りのが理想です。

コーナーに振られ過ぎないように、コンパクトに腕を振りましょう!

また、コーナーでは選手同士の接触が非常に多いです。

ぶつからないくらいの距離感を保って走りましょう。

バトンは絶対に落とさないように!

ラストはバトンの重みで必然的に腕振りが大きくなります。

それではピッチが落ちてしまうので、しっかりきざんで走るようにしましょう!

ラスト50mではゴールに吸い込まれるように走ります!

上半身を軽く前傾させるイメージで回転数重視で駆け抜けましょう。



精神論的な話しは好きではないですが、最後は気持ちです。

これは紛れもない事実です。

かつ気持ちが勝利を手繰り寄せます。

精神すら技術だと私は思っています。



他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ