400m後半型のラスト100mでバテない走り方 | 陸上トレーニングスクール  

400m後半型のラスト100mでバテない走り方

400m後半型の走りについて解説します。

ラスト100mでバテてしまう選手は是非最後まで読んでください。

辛い400mが好きになるかもしれません。ならないか。

レースで勝つためのコツを紹介していきます!!

400mは短距離走の中でも最も長いです。

従って、長い区間の加速が必要になります。

100mを伸ばしたイメージですね。

また、加速区間でしっかりスピードに乗ることで、後半の失速を防ぐことができます。

バックストレートはトップスピードが出る区間になります。

ストライドを開放して、股関節を大きく動かしてグングン進んでいきましょう。

序盤の加速区間が長いとバックストレートのトップスピードも奥で維持することができます。

バックストレートでは無駄なエネルギーを使わないように、リズム感で走ります。

意識して、身体を動かそうとすると疲れてしまうので、気を付けましょう。

地面を弾くようにリズムで走ります。



後半型は多少レース中盤で置いてかれてしまいますが、自分のレースをイメージしましょう。

周りの選手に惑わされてはいけません。

軸で地面を押して、リズムでリラックスします。

自分のレースで走っていきます!

第3コーナーでピッチを上げます。

ロングスパートが後半型の選手には求められます。

私の場合は更に250m地点で加速してピッチを上げます。

段階的にイメージを上げることで、減速を抑えることができます。

周りの選手にじわじわプレッシャーを掛けながら、加速していきましょう。

更に第4コーナーで加速します。

中盤から後半にかけて、ギアチェンジを繰り返します。

後半型は後半レースを制することで表現できます。

練習でのピッチ強化は必須ですね。

コーナー出口では右足で内側に押し込むように接地しましょう。

そうすることで遠心力をストレートの加速へと変換できます。

多少、接地時間が長くても、押し込むことが重要です。





ホームストレートでは身体を転がすイメージで走ります。

肩の力を抜いてリラックスして走ります。

関節周りの筋肉が緊張すると、ストライドやピッチが思うように動かなくなります。

リラックスして弾みながら走りましょう!

2軸走法をイメージして、後半は肩で地面を押すように接地します。

ポンポンポンというリズムで加速していくリズムを意識します。

地面が押せないと、空回りして脚が流れる原因になってしまいます。

400mのラスト100mは見せ場です。

会場を自分で盛り上げましょう!!



他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ