【陸上400m】冬季練習オススメのトップスピードリラックスメニュー | 陸上トレーニングスクール  

【陸上400m】冬季練習オススメのトップスピードリラックスメニュー

今回は冬季練習オススメのスピード練習をご紹介します。

冬季練習はスピードを落として距離を積むというイメージがありますが、スピードを上げて練習することで、強度の高い練習ができます。

寒い気候でも、しっかり身体を温めて、スピードメニューも行えるといいですね!



練習メニューは50m+50mです。

スピード練習と技術練習のハイブリッドトレーニングだと思ってください。

ピッチをしっかり上げて、回転数のマックス値を高める、そして、リラックスして走り切ることがポイントです。

良く練習で「最後まで駆け抜けろ!」という言葉を聞きます。

確かに正しいと思います。

しかし、レースではこの言葉によって、筋肉が緊張して、走りが硬くなってしまします。

走りが硬くなることで、ピッチが落ち、ストライドが制限されてしまいます。

今回はトップスピードを高めつつ、流す技術を身に付けましょう。

意図的に流すことによって、ゴール前でのリラックスを実現します。

勿論、試合では流してはいけません。

ただ、練習ではリラックスを身体に落とし込むために、ゴール前で流すことも一つの技術だと思います。

正しいアドバイスは「リラックスして駆け抜けろ!」だと思います。

自分の頭の中で、リラックスに変換して走れるといいですね!

しっかり1歩目から回転させたいので、腕の動きはダイナミックに走り出します。

最初の30mくらいは身体を前傾させて、前回転のスピンを掛けていくように加速します。

前傾の維持は加速区間の維持です。

体幹が浮いてこないように、しっかり前に上半身を押し込みましょう!

ストライドを開放する中間疾走区間に入ったら、上半身を起こしてストライドを開放します。

この時に、接地時間を短く、水切りをする平らな石のようなイメージで走りましょう!

50mを過ぎたら、少しずつスピードを緩めて減速していきます。

50mでしっかり加速出来たら、減速するのも大変ですが、残りの50m掛けてリラックスしていきます。



極端にスピードを緩めるのではなく、地面に加えるパワーを削っていくイメージです。

100mまではリラックスして駆け抜けていきます。

タイムはリラックスしてゴールしたときのほうが好タイムが出ます。

緊張状態では期待通りのパフォーマンスが出ません。

是非、冬季練習に取り入れて、トップスピードの向上とリラックスを身に付けてください。




他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ