【陸上400mペース配分】後半バテないバックストレートの走り方 | 陸上トレーニングスクール  

【陸上400mペース配分】後半バテないバックストレートの走り方

400mを走る上で非常に大切になるバックストレート。

しかし、バックストレートで疲労してしまうということはないでしょうか?

そうなると、残りの200mがかなり厳しくなります。

400mは楽にバックストレートを通過することによって、好タイムを狙えます。

今回は、その極意をお伝えしようと思います。



バックストレートのタイプ別イメージとして、

前半型はガンガン加速してくる。

後半型は置いていかれる。

イーブン型は楽に走る。

このようなイメージを持っていると思います。

つまり、イーブン型がレースにおいて得をしているということです。

是非、バックストレートで余計な体力を使わずに、走る感覚を掴んでください。

以前、紹介したスタートダッシュから100mまでは7.5割で走っているという記事を一度見てもらいたいです。

【陸上400mペース配分】スタートから100mまでの走り方

最初の100mでじわじわと加速して走ります。

なるべく消費体力を抑えて、効率的に脚の回転速度を上げていきましょう。

そして、バックストレートでは8割で走ることをオススメします。

この「8」という数字が超重要です。

バックストレートではコーナーで付けた勢いを殺さないように走ることが定石です。

前半はしっかり地面を押して、進んでいきましょう。

身体を前傾させて、倒れ込む姿勢を利用して、加速していきます。

前傾させすぎると、大腿四頭筋に負担が掛かってしまうので、自分のベストポジションを探してください。

ココでポイントです。

コーナーを抜けたら、外側から内側に走るようにコーナリングしてください。

遠心力によるダメージを最小限に抑える走り方です。

バックストレートに入ったら、リラックスして駆け抜けましょう。

この時に接地ポジションが前になり過ぎないように、腰の真下で捉えましょう。

バックストレートではストライド走法になります。

なるべく大きな歩幅で、回転数をキープしながら走りたいですね。

歩数が少ないほうが、疲れないですからね!





ここでも走り方のポイントです。

第3コーナーでは外から内のレーンラインに向かって走りましょう。

感覚として、再加速させやすいです。

コツは右足で内側に押し込むように走ることです。

如何に体力を使わずに、楽に走り抜けれるか?これが重要になります。

バックストレートの走り方が400mでは最も重要と考えています。

8割で走って、残りの2割をしっかり温存して走ることができれば、後半バテることなく走れます。

後半の失速原因について、考えてバックストレートの走り方を見直すことが必要ですね。

ラスト100mでバテるのはロングスプリンターとして、回避するべきです。

どの区間でもレースを仕掛けることができる柔軟な選手になるためには、このバックストレートで体力を使わないことです。



他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ