【陸上400mペース配分】ギアチェンジで後半型になる走り方 | 陸上トレーニングスクール  

【陸上400mペース配分】ギアチェンジで後半型になる走り方




400mでは第3コーナーから第4コーナーまでの走りが非常に重要になります。

この区間で一気に差が生まれたり、差が縮まったりします。

重要なことは第3コーナーで切り替えて加速することです。

簡単なことではありませんが、この区間で勝負できる選手がレースを制すると言っても過言ではありません。

以前の記事で~100m~200mまでの走り方を紹介してきました。

コチラの記事を参考にしてください!

【陸上400mペース配分】スタートから100mまでの走り方

【陸上400mペース配分】後半バテないバックストレートの走り方

100mは7.5割で200mは8割で走ることを目指しました。

なるべく体力に余裕をもって400mを走り切るために、加速状態を維持しながらリラックスして走ることを目標にしました。

リズムと軸が最もスプリント競技で重要な要素だと思います。

最初の200mまでは、それだけを意識して走りたいですね。

そして今回、200~300m区間でテーマにしたいペースは9割です。

今までのスピードをイメージの中で更に加速させます。

遠心力を上手く活用して、曲がり切る感覚が重要になってきます。

多くの選手は第3コーナーから徐々に失速が始まります。

他の選手と同じように失速してはレースに勝つことができません。

この差が生じやすい区間で、如何に自分を追い込めるかが重要になってきます。

私は全ての400m選手にここから加速してほしいと思います。

最も重要な加速区間です。

レースは後半から一気に変化を見せます。勝負強い選手になってほしいです。

バックストレートでトップスピードに乗り、そのスピードを維持したまま、第3コーナーに入ります。

外側から内側に入るようにコーナーに入ります。



200mのスタートが目印です。

ココから再加速、つまりスタートです。

少し身体を前傾させて、乗り込むように加速していくとスムーズにスピードに乗れます。

コーナートップ(3000m障害の水郷当たり)まで、しっかりピッチを上げて加速します。

腕でリズムを一定にして、そのピッチを速くしていくイメージが有効です。





ピッチのリズムが保てれば、大幅にスピードが落ちることはありません。

スピードが減速するということは、リズムが落ちるということです。

リズムをしっかり腕で保てば、急激な減速は抑えられます。

最終コーナー(第4コーナー)に吸い込まれるイメージでホームストレートに入ります。

ここではリラックスして、最後の直線に備えましょう。

あまりストライドを広げようとしないで、腰の真下で地面を捉えられるといいですね。

200~300m区間は差が生まれやすいです。

ここで踏ん張ることが400mの選手に要求される能力だと思います。

今回紹介した区間でもう一段階ギアが上がれば、タイムを狙えると思います。

加速するタイミングと回数が400mでは重要なのです。




他の練習動画はコチラから

陸上トレーニングスクールYouTubeチャンネル

動画はコチラ